新潟県の高校事情①

新潟県では多様化する生徒の学習意欲、進学意欲などの生徒のニーズに応える努力をしています。高校も生徒のニーズに応えるべく、様々な特徴を持っています。

専門性を高めたい学生であれば、専門分野を探求する機会を提供している高校が進学先となります。新潟県には伝統技術や農業•工業など様々な地元の産業があります。また、新潟県は地元を支える高度な専門知識や技術•技能を身につける人材を排出することに力を入れています。そのため、技術•技能を身につけたい学生は、自分の希望する技術•技能を学ぶことのできる高校へ進学することが、夢実現への一つの手段です。

また、生徒の多様なニーズに応える「総合選択制の高校」もあります。将来の進路がはっきり決まっていない生徒が今後の進路を選ぶ上でも、多様な選択肢を知ることのできる学校です。地元の産業界とも連携し、インターンシップなどを取り入れているのが特徴です。新潟県の産業を支える人材を地域で育てて行こうという目的もあります。

また、大学への進学を希望する場合には、生徒のほぼ全員が大学に進学することを希望する「大学進学」を重視した高校が良いでしょう。新潟県では人材育成の方針として、社会のグローバル化•情報化が進む中、語学力とコミュニケーション能力の向上を図ることを人材育成の課題の一つにしています。いわゆる進学校と呼ばれる学校では、学校以外に進学塾に通っている生徒が多く、生徒が学問の分野で切磋琢磨することが互いに良い刺激となり、より良く互いに学ぶ環境となり相乗効果を生み出しています。

新潟の塾はFES進学塾予備校で合格実績が高く小学生、中学生、高校生、大学受験の浪人生までかよっています。実績を上げている塾で有名です。おすすめのいい塾です。