学習塾の存在

学習塾は昭和40年代より増えていきました。それは、受験戦争という時代の流れとともにありました。現在は、学校とは別に塾なしでは教育を語ることができない存在になっています。公の教育との関係も強く大手の学習塾は学校の授業の補助や指導までするようになっています。昔は学習塾なんてくににも言われていましたが、苦には、文部大臣の学習審議会が学校教育と学習塾を共存させる方針を打ち出しました。今では、学習塾の社会的地位もかなり上がりなくてはならない存在となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です